Simple Life Navi

日常のちょっとした気づき、体験などを掲載します

- トップもご覧ください - 検索画面では「シンプルライフナビ」と検索ください -

🍀 Pop Categories 🍀

Blog

Gadget

Travel

Money

🌱  New Articles  🌱

コロナ後すぐに旅に行けるのか?航空会社の経営は大丈夫?売上状況などを分析!

こんにちは。シンプルライフナビです🌿

今日も私が撮影した写真をネタに記事を書いています。
今回は私の個人的な主観に基づく、素人経済分析つきの記事です。お気軽にご覧ください😉

飛行機で遠くに行きたいけれど、今は行けない

遠くに行きたい

遠くに行きたい

コロナ感染症の拡大により交通手段がかなり影響を受けています。

だいぶ移動制限の時期が長くなって、遠くには行くことがなくなってしまいました。

そうはいっても、私の場合、都会を離れて遠くに行きたい、と思うことがあります。

「遠くに行きたい病」といったらいいのでしょうか。

 

大手航空会社の現在の状況について

遠くに出かけるときに欠かせないのが、飛行機です。
コロナ感染症は航空会社にどのような影響を与えているのでしょうか?

いくつか記事を引用します。
報道内容をみると、大手航空会社の業績はかなり厳しそうです。

www.asahi.com

www.bloomberg.co.jp
www3.nhk.or.jp

 

コロナ禍の影響

コロナ禍により通常の旅客人数の回復はなかなか見込めそうになさそうです。

旅客収入の減収をカバーするために、航空会社では貨物輸送を増やす取り組みをしているようです。人の流れは制限されていますが、ものの流れは以前と変わらず、もしかしたら以前より在宅需要増で貨物需要が増えている分野もあるのかもしれません。

一方で政府などから空港使用料や飛行機の着陸料の減免支援などが行われています。

売上収入が蒸発した分に対し、社員を出向させて出向先からの現金収入を増やし、雇用の確保と給与等の支払いを続ける努力もして、なんとかやりくりをしている状況だと思います。

 

私は経済の素人ですが、そんな素人からすると、これだけ移動制限が続いているなか、今の状況がいつまでも続くようであれば、業績の回復にはかなり時間がかかるのではないか、資金は大丈夫なんだろうか、と個人的に思います。

ただ、コロナが収束した際の反動需要は大きいかもしれません。

私みたいにいまは息を潜めてコロナ感染症対策で旅を我慢している人たちが、きっと収束したらたくさん移動を始めると思うからです。

それまで溜まった鬱憤を一気に解放するために。

 

経済素人のわたしが航空会社の収益構造を分析 

航空会社の収益構造ってどうなっているんでしょうか。

航空会社の業績ってこれまでどうだったの?これからどうなりそうなの?

各社が情報開示している資料である程度わかるんだよ。

収益構造がどうなっているのか、開示されている資料から調べてみました。
上場会社は「有価証券報告書」を公開しているので、素人なりに事業構造などを分析することができます

ANAの昨年の決算時の状況 

ANAホールディングスの有価証券報告書をみてみます。

有価証券報告書/四半期報告書/内部統制報告書 | IR資料室 | 株主・投資家情報 | ANAグループ企業情報

ANAホールディングス 第70期有価証券報告書抜粋

ANAホールディングス 第70期有価証券報告書抜粋

 

2020年3月期の決算状況をみてみると、セグメント別売上高が開示されています。

売り上げの73.3%が航空事業です。国際線と国内線を合計した旅客収入が54.6%。つまり昨年度は売り上げの半分以上が旅客収入だったということになります。

ということは、コロナ感染症の影響による旅客数の激減はかなりダメージが大きいのではないかと推測できます。

ANAの通期の4分の3経過時点の状況

決算通期12ヶ月分の9ヶ月経過時の状況についても情報開示されていますので確認してみましょう。

前年同期に1兆5,821億円あった売上が、2020年12月末時点では5,276億円です。1兆円も売上が減少しているんですよ。

前年同期の34%くらいしか売上がないわけです。大ダメージです。 

ANAホールデイングス 第71期第3四半期報告書抜粋

ANAホールデイングス 第71期第3四半期報告書抜粋

 

今後想定されること

資金的にはまだ余裕があるとされているようです。ただしコロナ感染症の終息には時間がかかりそうですので(考えたくはないですが)今の状態が仮にまだ2〜3年続いたりすると、かなり厳しくなってくるのではないでしょうか。

現在の設備、機材、人員をそのまま、というわけにはいかないかもしれません。また、一旦削減すると、コロナ後に需要回復した際に対応しきれない可能性があるかもしれません。

経営のプロの方はいろいろ手を打たれているのでしょうが、今の状態が長く続くようだと、素人的には先行きが気になります。

 

コロナ後、すぐに遠くに旅行に行けるのか?

経済状況全体でみればそんなに悪くなっていないような報道も見聞きします。

私の日常も、いろんな制限や食事時間の制限なども増えましたが、生活に困るというレベルにはなっていません。

しかし、コロナ後、以前と同じようなことを経験したり、体験したりできるのだろうか?とは思います🤔

私の「遠くへ行きたい病」、考えようによっては贅沢な病気なのかもしれません。

航空会社がなくなったり、撤退されたりすれば、競争が起きなくなって旅行代は高くなりそうですし、そうなると私の楽しみの一つが減ってしまいます。

そうならないことを願いつつ、社会や経済の勉強も続けて、いろんなことを学ばないといけないな、と思います。

ニュースがいつも正しいとは限らないですし、それを鵜呑みにすることにならないよう、自分なりの視点や関心をもって過ごしていきたいです😊

 

今日も最後までご覧いただき
ありがとうございました🤠🌵