Simple Life Navi

ミニマルな日常の気づき、楽しい体験などを掲載

- トップもご覧ください - 検索画面では「シンプルライフナビ」と検索ください -

Blog

Mobile

Travel

Useful

☕ New Articles ☕️️

自宅の洗濯機でOK!毛布の正しい洗い方と長持ちする収納のコツ

正しい毛布の洗濯

毛布の正しい洗濯の方法

冬の間、お世話になった毛布、暖かくなってくると収納を考えますよね。

就寝中に直接肌に触れるので、毛布には汗や皮脂、臭い、埃などがついています。

 

毛布や布団は、正しい方法で洗濯して収納しないと、虫に食われたり、カビが生えてきたりしかねません。

そこで、毛布の活躍するシーズンが終わった季節の変わり目には、洗濯機を使って洗濯して、清潔にしてから収納しましょう。

自宅で、簡単に洗濯することができますよ!

収納までの流れを簡単にご紹介します。適切な方法で清潔を保ち、お気に入りの毛布を長持ちさせましょう。

毛布の正しい洗い方と洗濯時に気をつけること

洗い物をする

洗い物をする

まず、あなたの毛布は自宅の洗濯機で洗うことができるのか、確認しましょう。

注意!自宅で洗濯可能か洗濯表示タグを確認

自宅で洗濯可能かどうかは、毛布や布団についている「洗濯表示」を見ることでわかります。

洗濯タグの表示例

洗濯タグの表示例

洗濯機マークや手洗いマークがついていない場合、または上の図の右の例のように、水洗いがバツ(×)になっている場合は残念ですが自宅では洗濯できません。その場合はクリーニング店などに依頼してください。

古い毛布などの洗濯表示タグの見方

洗濯表示タグは、国際基準と統一するため、2016年に改定されています。

古い毛布の場合の洗濯表示など、上記以外の洗濯表示タグの詳細は「新しい洗濯表示(消費者庁作成) で確認できます。

古い表示では洗濯機マークになっていることがありますが、水洗いにバツ印がついていなければ、自宅で洗濯可能です。

洗濯の手順|液体洗剤と洗濯ネットを使う

洗濯OKの場合は、次の「洗う手順」に沿って洗濯しましょう。

  洗う手順
  1. 洗濯機に水(可能ならぬるま湯)を入れ、適量の洗剤を投入して溶かしておく
  2. 毛布の汚れを確認し、髪の毛などはブラシで落としておく
  3. 布団用の洗濯ネットに入れた毛布を投入する
  4. 洗濯機で布団洗いコースや手洗いコースなど、適切なものを選ぶ*1
  5. 洗い終わったらすぐに外干しする*2

なお、洗濯機が小さくて毛布や布団が入らない場合は、無理して押し込むと洗濯機が壊れてしまいます。

毛布を入れてみて、洗濯機に余裕がないなら、お風呂の浴槽を使って足踏み洗い(手洗い)をしてください。*3

 

 洗濯ネットでのたたみ方のコツ
毛布をじゃばら状に交互に折りたたむと、汚れが落ちやすくなります。

 

毛布を洗う場合は、粉洗剤だと洗剤が固まってうまく洗えないことがあるので、おしゃれ着用の液体洗剤がおすすめです。

毛布の素材にあった、中性洗剤などの液体洗剤を選びましょう。

仕上がりがゴワゴワしたくない場合は、お好みで柔軟剤も入れましょう。

 

洗濯機で毛布を洗う場合は、必ず寝具用のネットに入れてください。

毛布の収納|圧縮袋がおすすめ

毛布を収納するとき、そのまま畳んで、収納場所にしまおうとすると、どうしてもかさばってしまいます。

圧縮袋を使って、乾燥した状態で収納

そんな時におすすめなのが、圧縮袋です。

旅行に行く時に、荷物の容積を減らすために活躍する圧縮袋がありますよね。布団用の大型版の圧縮袋を使いましょう。

圧縮袋を使うことで、防虫対策にもなりますよ!

 

なお、収納袋にしまう前に、外干しや布団乾燥機を利用して、しっかり乾燥させておきましょう。

湿気取り、防カビ対策をする

水気を含んだまま収納すると、かびが発生する原因になってしまうので、注意です。

また、収納する場所には、除湿剤を設置して、湿気がこもらないようにしておくことが大事です。

毛布を長持ちさせるために(まとめ)

ふかふか毛布は気持ちいい

ふかふか毛布は気持ちいい

収納から取り出して、次に使う時に「ふかふかの暖かい、清潔な毛布」だと気持ちいいですよね!

少し手間はかかりますが、シーズンの変わり目には、毛布を丁寧に洗って、防虫、防カビ対策をして収納しましょう。

お気に入りの毛布、長持ちさせてくださいね!

*1:洗濯コース名は洗濯機の機種やメーカーにより異なるので、説明書などで確認ください

*2:洗濯表示タグが陰干し指定の場合は陰干ししてください

*3:毛布や布団の重さは、抱えて体重計に乗って、自分の体重との差からおおよその重さがわかります