Simple Life Navi

ミニマルな日常の気づき、楽しい体験、お得な情報など

ミニマリスト 女子 シンプル

Site Map

Blog

Mobile

Useful

\ おトクな返礼品をもらおう /
ふるさと納税 返礼品の人気ランキングはこちら

カフェやホテルの無料Wi-Fiは危険?VPNで安全、安心|セキュリティ確保が必要な理由


カフェ、ホテルやコンビニのフリーWi-Fiは危険?

カフェ、ホテルやコンビニのフリーWi-Fiは危険?

こんにちは、シンプルライフ ナビです。

カフェやホテルの無料のフリーWi-Fi(公衆無線LAN)は、私たちの強い味方です。

スマホやPC(パソコン)を使いすぎて、データ通信の消費量が多くなってしまったときなどには、Wi-Fiがあると非常に助かりますよね。

 

ただし、無料だからといって油断していると、個人情報が流出してしまう恐れがあるので注意です。

  • 知らないうちに自動でフリーWi-Fiにつながり、知らないうちに自分宛のメールを自動で受信していたことなどを経験したことはありませんか?
  • フリーWi-Fiで個人情報が載っているメールやSNSの情報を他人に見られていないだろうか……不安になっちゃいますよね。

 

でも、情報を守る、セキュリティを向上させる仕組み(VPN)を理解しておけば、恐れることはありません。対策をしておけばフリーWi-Fiを便利に使うことができます。

この記事では、カフェやホテルや公共機関の無料Wi-Fi(公衆無線LAN)のリスクや、VPNについて詳しく解説していきます。

カフェやホテルの無料のフリーWi-Fi(公衆無線LAN)は危険?

カフェやホテルのフリーWi-Fi

カフェやホテルなど長時間滞在する場所に無料Wi-Fiが設置されていると嬉しいですよね。

便利ですし、暇つぶしに動画を見たり、ネットショッピングや仕事をしたりする人もいるでしょう。

 

でも、誰でも使用できるフリーWi-Fiは本当に安全なのでしょうか?

ちょっと心配…

カフェやホテルのフリーWi-Fiのセキュリティが危ない理由

ネット上では「カフェやホテルのフリーWi-Fiは使用しない方がいい」と話す人も少なくありません。

フリーWi-Fiが危険と言われている理由、つまりフリーW-Fi利用時のリスクは大きく分けて3つあります。

  • 不特定多数の人に使用される
  • 通信が暗号化されていない
  • なりすましの存在

それでは、順番に確認していきます。

不特定多数の人に使用される

フリーWi-Fiは街中の至る所にあり、その施設を利用している人は誰でも使えるのがメリットです。

しかし誰でも使用できるということは、悪意を持ったユーザーのアクセスも許してしまうということ。

通信を傍受され、クレジットカードの情報などを盗まれてしまう可能性があります。

通信が暗号化されていない

コンビニや、駅などの交通機関にあるフリーWi-Fiは通信が暗号化されていないことが多いもの。暗号化されていないフリーWi-Fiは、電波が届けば誰でもアクセスできてしまいます。

そのため、ウイルス感染や個人情報の漏洩などのトラブルに巻き込まれてしまうリスクがあります。

 

また、暗号化されているフリーWi-Fiでも、暗号化キーが目立つところに記載されているときは要注意。カフェなどの飲食店では、Wi-Fi名と暗号化キーがわかりやすく張り出されている場合が多くあります。

暗号化キーがわかると暗号化されている通信の内容を盗み見ることができるようになってしまい、暗号化されていないのと同じ状態になってしまうのです。

なりすましの存在

悪意を持ったユーザーにより、正規のフリーWi-Fiと同じSSIDを使用した「なりすまし」が設置されることがあります。

 

正規のWi-Fiと間違えて偽のネットワークにアクセスしてしまうと、通信内容が漏れトラブルの原因に。

重要情報やクレジットカードの入力などは控えた方が賢明です。

無料のフリーWiFiを利用する際の対策・注意点

フリーWiFi利用時の留意点

無料Wi-Fiが危険だと理解していても、どうしても使用したい時もありますよね。

そんなときは、どのようなことに気を付けて無料Wi-Fiを使用すればいいのでしょうか?

無料Wi-Fi利用時のポイントは3つあります。

  • 重要な情報を入力しない
  • 暗号化されていないものを使用しない
  • 正式に提供されているものを使用する

確認していきましょう。

フリーWi-Fiでは重要な情報を入力しない

PC  クレジットカード

無料Wi-Fiを使用するときは、いつどこに悪意のあるユーザーがいるかわかりません。

個人情報や会社の機密情報、クレジットカードや金融機関のログイン情報など重要や情報を入力しないようにしましょう。お金が絡むデータの送受信は、あなたやビジネスで致命的な影響を与える可能性があります。

暗号化されていない無料Wi-Fiを使用しない

ネットワークが暗号化されていない場合、情報は筒抜けになってしまいます。

たとえ施設が正式に提供している無料Wi-Fiでも、使用しない方が賢明です。Wi-Fiにアクセスする際にパスワードを要求されない、Wi-Fi名(SSID名)に🔒鍵マークがついていない場合は暗号化されていません。

総務省動画チャンネル

出典:総務省動画チャンネルWi-Fiの接続と暗号化の仕組み

Wi-Fiのアクセスポイントに接続する前にWi-Fi名(SSID名)に🔒鍵マークがついているか、チェックしてくださいね!

正式に提供されているWi-Fiを使用する

無料Wi-Fiを使用するときに、Wi-Fi名が複数出てくることがあります。

繋がるからといって適当に選ぶのは大間違い。必ず施設が提供している正式なフリーWi-Fiのみ選んでください。
施設内に正式なWi-Fi名とパスワードが公開されているはずです。

 

フリーWi-Fiは安全なものばかりではないと覚えておきましょう。

VPNで安全なWi-Fi環境を確保し、セキュリティ対策する

安全にフリーWi-Fiを使用するためには、通信をすべて暗号化してくれるVPNの利用がおすすめです!

VPNとは「Virtual Private Network(バーチャルプライベートネットワーク)」の頭文字を取った略称で、仮想プライベートネットワークとも呼ばれています。

 

VPNを使用すれば、通信が暗号化されていないフリーWi-Fiを利用するときでも、安全に使うことができます。

\総務省動画チャンネルでもVPNの活用をおすすめ/

www.youtube.com

VPNの種類や仕組み

VPN接続には主に4つの種類があります。

項目 VPNの種類 概略や特徴
1 インターネットVPN 一般のインターネット回線を利用して仮想のネットワークを構築する方法
低コストで導入できる
2 エントリーVPN 通信事業者が提供する比較的安価なブロードバンド回線(ADSLや光ブロードバンド)を使用し、閉域IP網に接続することでVPNを構築する方法
3 IP-VPN 通信事業者の閉鎖IP網を使用した仮想ネットワークを構築する方法で、エントリーVPNとは使用する回線が異なる
4 広域イーサネット 通信事業者の専用回線や閉域網を利用して仮想のネットワークを構築する
金融機関やメディアなど、ネットワークの重要度が高い企業が利用

 

このうち、私たち一般の人が契約して使うのは、インターネットVPNです。

総務省もおすすめするVPN接続の仕組みを解説

では、VPN接続はどのような仕組みでデータのやりとりをしているのでしょうか。

最も一般的なインターネットVPNの接続の仕組みを例にして考えてみましょう。

Wi-Fi利用者向け簡易マニュアル 総務省

出典:Wi-Fi利用者向け簡易マニュアル|総務省

次の手順で安全性を確保しています。

  1. ユーザーが仮想プライベートネットワークサービスに接続。VPNサーバーでクライアント認証が行われる。
  2. サーバーが、送受信するすべてのデータに暗号化プロトコルを適用。
  3. VPNサービスにより、インターネット回線に仮想的なトンネルが作成される。そして双方の拠点を接続(トンネリング)し、トンネリング経路で通信するデータを通信プロトコルで包み、カプセル化される。(カプセル化されたデータは、カプセル化が解除されるまで中身を参照することができません。)
  4. データがサーバーに到達すると暗号化技術をカプセル化が解除され、 VPN接続では暗号化したデータをさらにカプセル化し、データ通信のために作られた仮想的なトンネルを通します。

つまりVPNは、何重にもセキュリティを敷くことで、より安全にデータのやり取りが可能になっています。

VPN接続のメリット、デメリット

VPN接続の最大のメリットは、VPNを経由してWebページを見ることで、通信がすべて暗号化され、安全な接続を確立できること。

暗号化されていないフリーWi-Fiでもデータを傍受されることがありません。

 

海外のコンテンツへも安心してアクセスできます。海外から日本のコンテンツにアクセスするのも同様で、旅行中でも安心です。

 

自宅や職場、外出先でインターネットに繋ぐ場合、個人データの追跡を防ぐことも可能。だから、テレワークや在宅勤務でも安全に情報をやり取りすることができるようになります。

項目 メリット デメリット
VPN
接続
  • VPNで通信が暗号化され安全、安心できる
  • 無料Wi-Fi利用時も第三者にデータを盗み見されることがない
  • セキュリティが強化され、外出先や海外でも安心して通信できる
  • 通信速度が低下することがある
  • 無料のVPNは効果がないものがある
  • 信頼できるVPNを選ぶ必要がある(有料になる)

セキュリティ対策|VPNを利用してフリーWi-Fiを安全に使う

スマホのデータ量の増加やテレワークの普及により、利用する機会が増えた無料のフリーWi-Fi。
ところが、どこでも繋がるからといって、フリーWi-Fiに安易にアクセスするのは危険です。

 

でも、この記事でご紹介したように、カフェやホテル、公共の場などでフリーWi-Fiを使用する場合は、「VPN接続」を使用することで安全に通信が行えます

つまり、VPN接続を利用することで、情報漏洩のリスクを減らすことができ、フリーWi-Fiを利用する時も通信の安全性が保たれるのです。

\セキュリティ重視 人気のVPN/
NordVPNを見てみる

フリーWiFiは便利ですが、利用時に「他人に通信を覗かれているのではないか」と気になったことはありませんか?

そんな不安を感じたり、メールの流出やSNSの情報流出のリスクが少しでも気になる人は、VPNを利用してセキュリティ対策を万全にし、無料Wi-Fiを有効活用しましょう!

\フリーWi-Fi接続時は自動でVPN接続!/
あなたのネット上の個人情報を守る NordVPN