Simple Life Navi

日常のちょっとした気づき、体験などを掲載します

- トップもご覧ください - 検索画面では「シンプルライフナビ」と検索ください -

Blog

Mobile

Travel

Useful

☕ New Articles ☕️️

体感!ロケモバ「神プラン」はpovoより快適|バースト効果で動画も見放題、使い放題

ロケモバ「神プラン」は使い放題、動画見放題

ロケモバ「神プラン」は定額使い放題、動画見放題

こんにちは、シンプルライフ ナビです。

楽天モバイルの最低利用料金が0円ではなくなったため、基本料0円のpovoに乗り換えた人もいると思います。

基本料0円のpovoのデータ通信速度は128kbpsであり、実際に使ってみると、WEB表示等の画面表示がとても遅く、実用的とは言えません。サブ回線として契約して、緊急時の利用や、たまにトッピングをして利用する使い方があっていると言えます。

 

もう少し実用的に使える、格安SIMはないのかな?

そこで、ロケットモバイルの定額使い放題の「神プラン」を買って試してみました。意外なことに、一部動画が見放題で使えています。*1

神プランは「格安SIM」と言われていて、癖や各種制限もありますが、価格を考慮すれば意外と使い勝手が良いと思います。

ロケットモバイルの神プラン(Dプラン)

ロケットモバイル(ロケモバ)の「神プラン」は、格安SIMに分類されていて、主に次の特徴があります。

「神プラン」の特徴
  • 利用コストが安い
  • データ通信の最初に「バースト機能」がある
  • 定額使い放題で従量課金はない

コストが安くて使い放題なので、新機種に買い替え後の旧端末や、2台目のスマホで使うのに向いています。

もともとは企業向けのSIMのようですが、個人でも申し込んで利用できます。

 

神プランは通信速度が低速で遅いので、アプリのバックグラウンドでなにかデータの読み込みが発生すると確実にフリーズ*2することが見込まれるため、利用する端末では下記の設定をしてください。

機種 設定内容
iPhone 設定>通信のオプション>省データモードをONにする
Android 設定>ネットワークとインターネット>データセーバーをONにする

※Androidは機種ごとに表示内容が異なる可能性がありますが、データセーバーをONにして他のアプリなどがバックグラウンド処理をしないようにしてください。機種によってはアプリごとにデータセーバーと連動しない設定が必要かもしれません。

 

格安SIMの「神プラン」で出来ること|動画を見放題

最初に結論になりますが、格安SIMのロケットモバイルの「神プラン」(Dプラン)*3で、次のものが実用レベルで使えています。*4

 神プラン(Dプラン)で実用レベルのアプリやサイト
  • YouTube(低解像度)
  • Amazon Prime Video
  • NHK+
  • radiko
  • NHKラジオ
  • Amazon Music
  • 各種ポイントアプリ
  • ネットバンク取引
  • ニュースアプリ
  • メール、LINE

「神プラン」の利用料金は月額で1コイン未満

データ専用SIMの場合、税込328円/月(税抜は298円)から利用できます。なかなかインパクトのある価格です。安いと言えますね。

音声通話も利用可能とする場合は、月額490円(税込)から利用できます。

通信速度は200kbps|重いサイトの表示はとても遅い

月額利用料金が安いのには、理由があります。通信速度は上下最大200kbpsとされており、低速です。

基本料0円のpovo2.0の通信速度の128kbpsよりは早く、LINEMOのミニプランの速度制限がかかった状態の300kbpsより遅い速度です。

テキスト文主体のWEBサイトなどでは、意外とサクサク使えます。それは、「初速バースト機能」という、データ読み込み時だけ瞬間的に速度が速くなる仕組みがあるためです。

バースト機能のおかげで、少量のデータが一定間隔で発生するサイトは表示が早い

ロケットモバイルの神プランのデータ通信速度は200kbpsと低速ですが、「初速バースト機能」がついています。

初速バースト機能とは、最初のデータ読み込み時は高速通信となり、一気にデータが読み込まれる仕組みです。

 

ただし大量のデータを読み込もうとすると、バースト機能で読み込み出来るデータ容量を超過してしまい、途端に速度制限の200kbps以下の速度となり、読み込みが遅くなります。

ですが、「少量のデータ通信が一定間隔で発生する」通信に強い仕組みとなっています。

つまり、大きなサイズのデータを連続して読み込む必要があるWEBサイトの表示は遅いですが、少量のデータを細切れに通信するサイト(一部動画含む)なら表示が早いという特徴があります。

どんなサイトなら比較的使えるレベルで利用できるのか、比較、確認してみましょう。

神プランとpovoとLINEMOの体感速度の比較

ロケモバの神プランとpovo2.0とLINEMOの低速通信時の体感速度を比較してみると、次の表のようになります。*5

 

項目 神プラン
(Dプラン)
povo2.0
トッピングなし
LINEMO
ミニプラン
月額(税込) 328円 0円 990円
音声通話 不可
高速通信 なし なし 3GB
低速通信速度 200kbps 128kbps 300kbps
バースト機能 あり なし なし
YouTube ×
Prime Video ×
radiko
ポイントアプリ
ニュースアプリ
Google Map ×
Instagram × × ×
アプリ
ダウンロード
× × ×

◯:比較的快適、△:遅いが使える、×:使えない

低速通信時のテキスト文主体のWEBやアプリの表示は、神プランの方が、povoはもちろん、LINEMOよりも体感レベルでは速く感じます。

初速バーストの効果で、最初の画面が表示されるのが早いので、データ量の少ないサイトなら、神プランの方が快適です。

また、意外なことに、YouTubeやAmazon Prime Videoも神プランの方が快適*6にみることができています。

2台目端末用におすすめ、神プランの留意点

神プランの留意点

ロケモバの「神プラン」、テキスト文主体のサイトや、一部動画サイトでは意外と使えることがわかりました。

格安SIMの通信使い放題の回線として、ラジオ流しっぱなし以外に、動画流しっぱなしに出来る点が他の格安SIMにない特徴といえます。

 

ただし、次の留意点がありますので、参考にしてください。

 神プラン利用の留意点
  • 事務手数料が3,740円(税込)かかる
  • eSIMはない
  • SIMを端末に挿すだけでは使えず、APNの設定が必要*7
  • メイン端末(回線)には向かない

神プランの利用は、あくまでサブ回線や、2台目端末用の回線として利用するのがよいと思います。

一部のサイトはそこそこ快適に利用できますが、全体的に見れば通信速度の遅さが足を引っ張って、メイン回線として利用するのは難しいです。

 

ただし、あえて通信速度に制限を持たせて、メールやLINE、音声通話中心の使い方をする、子供やスマホを使わない親などとの通信専用と割り切って使う、という場合は、月額1コイン(500円以内)で音声回線も使えるので、利用してみると良いかもしれません。

*1:この記事は私の利用環境における体験に基づくものであり、他でも同様に使えるかはわかりませんのでご留意ください

*2:画面が固まって動かなくなり、反応しなくなること

*3:神プランは、NTTドコモの回線利用のDプラン、ソフトバンク回線利用のプランS、au回線利用のプランAがあります

*4:私の通信環境での体感レベルなので、お住いの地域の電波状況や、そもそも高速通信に慣れている方の感覚とは異なることがあると思いますのでご了承ください

*5:2022年6月現在の私の利用環境での比較です

*6:おそらく通信の仕組みが神プランと相性が良いのだと思います

*7:SIM付属のマニュアルやロケットモバイルのサイトを見ながら設定すれば簡単にできます