Simple Life Navi - シンプルライフなび

日常の気になったことやブログ運営などに関することを中心に、シンプルな生活や投資関連情報、アニメや動画、書籍、文房具などのことを書き綴る雑記ブログです。

Life

COVID-19

Gadget

Movie

最新記事以外に、トップページの記事もぜひご覧ください!

アマゾンプライム会員のコスパ最高!送料無料、ビデオ等の魅力の特典利用を本気でおすすめ

f:id:simplelifenavigation:20210612184912p:plain

こんにちは。シンプルライフナビです🌱

最近は身の回りのものをあまり増やさずに暮らせないかな〜と思いながら過ごしています。

欲しい時に必要なものを買い、買い置きはせず、不要な在庫は持たず、電子化できるものは電子化する、ということをできるだけやっていきたいと思っています😊

日本はなんだかんだいっても平和なので、手元に備蓄するとか、多くの物を持っておく必要性があまりない*1と思うからです。

この記事はこんな方におすすめ
  • 身の回りのものを少なくしてシンプルな生活を過ごしたい(ミニマリスト)
  • 動画サービスや音楽、電子書籍をまとめて楽しみたい
  • Amazonプライムに興味、関心がある
  • ネット通販は安心できて配送が早いところが良いと思っている 

そんなわけで、わたしの場合、ヘビーユーザーというほど使ってはいないのですが、社会人になって通販の「Amazon」で買い物する機会が増えました。

わたしがなぜAmazonを利用するのか、ご紹介します。

Amazon、いまは有名だけど、いつできた?

何時できたの?

いつからサービス始まったか知ってる?

最初にAmazonの成り立ちを確認してみましょう。

アマゾン・ドット・コム(Amazon.com)はアメリカのワシントン州*2に本社のある会社です。創業者のジェフ・ベゾスさんは世界一の富豪と言われていたりします。

今や超有名企業で知らない方は少ないと思いますが、最初は「オンライン書店」からスタートしています。まだ紙書籍の時代で、今から約25年ちょっと前の1995年のことです🤔

 

そこから創業時等の苦しい時期を乗り越え、現在では本にとどまらず、いろんな商品をネット上で注文できる世界最大級のネット通販大手となっています。

最初はたった一人で事業計画を作り、徹底的に「顧客体験」を重視した「顧客中心主義」を貫きとおし、そして事業を拡大、実現させたんだからすごいですね!

この理念を磨いてきたストーリーは今回は割愛しますが、わたしも好きな話です。

 

日本には2000年11月にAmazon.co.jpをオープンしています。

ですから、日本での歴史はまだ20年ほどしかないですね。

電子書籍のKindleのサービス開始は2007年以降ですので、電子書籍や電子出版が主流になったのは比較的最近ということになります。

 

わたしがAmazonを使う理由(優れていると思う理由)

楽しく利用する

わたしがAmazonを使う理由には、次のものがあります。

Amazonを使う主な理由
  1. 自宅のものを減らせる(頼めば翌日に商品が来る)
  2. 買いやすい仕組み(ネットやアプリ画面がわかりやすく、手軽に申し込める)
  3. 受け取りやすい仕組み(時間指定ができる)
  4. 電子書籍のラインアップが充実していて、サービス停止の可能性が一番低そう(継続性)
  5. 割とマイナーなものも売っている(検索したら出てくる)
  6. もはやAmazonに変わるサービスがない

シンプルな生活をしたい場合、部屋の中のものをできるだけ少なくしたいと考えます。

すると、不要な在庫、他のもので代用の効くもの、書籍や雑誌類は必要最低限にしたいと思います。

すると、必要な時に必要なものがすぐに届けてもらえるサービスが必要になります。

わたしの場合、まさにそのサービスが「Amazon」です😄

 

注文画面や配送先設定がわかりやすい

注文の仕組みは、例えば同じネット通販の「楽天」と比べると商品が見つけやすいです。

わたしの場合の特殊事情としては自宅に光回線やWiFiがないので、画像の多いサイトは負荷が多くて快適に見れないということがあります。

そのため楽天の場合は商品検索するといろんな店でカラフルな紹介がたくさん出てくるのでそれはそれで楽しそうなのですが、ネット回線が貧弱なのですぐに画面が重くなったり、表示数が多すぎて探せないということになってしまいます。

 

アマゾンの場合、すっきりした画面で、探したいものがすぐに検索で出てくるので、わたしには合っています。

また、Amazonの場合、配送時間の指定も自分がいる時間帯に指定しやすいです。

配送指定画面

配送指定画面例 出所:Amazon.co.jp

 

電子書籍サービスの充実度と継続性

本棚と書籍

電子書籍サービスもAmazonKindleの他にも楽天koboやBookLive!、dブックやソニーが運営しているものなどいろいろありますが、電子書籍は運営者がサービスを辞めてしまうと読めなくなってしまいます。

そう考えると、電子書籍界でAmazonは生き残る可能性が一番高そうだと思っていて、そのため電子書籍は基本的にAmazonから購入することでまとめています。

(仮にAmazonのサービスが止まってしまうようなことがあると泣きます😭)

 

配送先の弾力的運用もできる

さらに、わたしの場合、実家にたまに帰省することがありますが、その際実家で何日か過ごす場合、実家にないものやあれば便利なものをアマゾンで頼んで、配送先を実家近くのコンビニを指定すると、早ければ翌日配送してもらえるなど、もはや他社ではとって変われない便利さです。

 

そんなこんなでわたしの場合、Amazon愛用者となっています😘

 

Amazonプライムに入ると無料で使えるサービスが豊富

年会費(または月会費)がかかりますが、Amazon Primeに加入することで次のメリットが増えます。

Amazonプライム利用の主なメリット
  1. 無料配送が購入額に関係なく使えるようになる
  2. お急ぎ便、日時指定便も無料で使える
  3. プライムビデオが使える(映画、ドラマ、アニメが見放題)
  4. プライムミュージックが使える(200万曲以上の音楽聴き放題)
  5. プライムリーディングで電子書籍を無料で読める(本の読み放題)
  6. Amazonフォトが使える(写真保存無料)
  7. プライムワードローブで試着ができる
  8. 30分早くタイムセールに参加できる
  9. 子供のおむつなどを15%オフで利用できる

わたしも現在Amazonプライムに入っています。

ビデオや音楽のサブスク(見放題、聴き放題)サービスが利用できること、本が無料で読めることなど考慮すれば、今の利用料ならかなりお得でメリットが大きく、年会費を払ってでも継続利用したいと思っています。

 

Amazonプライム会員の気になる会費は次の通りです。

  • 月会員:プライム月間 ¥500/月
  • 年会員:プライム年間 ¥4,900/年

 

Amazonプライムの利用をオススメしたい方

アマゾン利用が便利でおすすめ

サービスがパッケージ化されていて便利

ここまで見てきたように、わたしの場合はAmazonを便利に利用しています。

わたしと同じように身の回りのものを減らしたい方や、映画やドラマを見たり、音楽も聴くけれど、ジャンルにこだわりはなく、そんなにヘビーユーザーではないけれど、ある程度時流にあったものを無料で観れたり聴けるサービスがあるといいな、と考えている方にお勧めできます。

それらを独立したサービスからひとつひとつ選ぶ必要はなく、Amazonプライム会員になるとまとめてパッケージとして提供され、それらの魅力あるサービスを利用することができます。

 

Amazonプライムのサービスに少しでも魅力を感じる方には、Amazonプライムへの加入(アマゾンプライム会員)をおすすめします。

Amazonプライムの利用はこちらから

(30日間の無料体験あり)

 

 Amazon Prime Videoでは、映画やドラマ、アニメが見放題ですよ。

simplelifenavigation.com

 

Amazon利用で困ること

 

困るのは、注文したい商品がない時や、取り扱い商品がAmazon本体が販売者ではない時ですね。

 

注文したいものが売っていない時

楽天や、近所の店で探すしかありません。楽天はAmazonに比べると配達スピードが遅く、また時間指定ができないことが多いのでわたしはあまり使っていません。

近所の店でも取り扱いがない場合、急ぎで必要な場合は困ることがあります。 

また、Amazonに限った話ではないですが、特別な専門性のあるもの、用途が限られるものはネットでは買えないことの方が多いと思います😥

 

販売者(販売元)がAmazon本体ではない時

販売商品の口コミの情報を見ていて日本語がおかしい販売業社が出品していることがあります。わたしの場合はそういうところから買うのは避けています。

たまにAmazon本体と別の業者が同じものを取り扱っていて、Amazon本体が販売元の方が若干高いという場合もあります。
そんな時は、業者の商品がどこにあるのか(業者から送付されるのか、Amazonの倉庫に保管済みでそこから発送されるのか)や販売業者の評価をみてから決めています。少しの違いでトラブルになるのは嫌なので、場合によっては多少高いAmazon本体から買うこともあります。

 

活用したいAmazonのセール期間

アマゾン・セール

年に何度かセールがあります。主なものでは次のようなものがあります。 

Amazonの大型セール期間
  • 初売りセール(1月初旬)
  • プライムデー(例年6-7月頃)
  • ブラックフライデー(例年11月下旬)
  • サイバーマンデー(例年12月上旬頃)

だいたい例年同じような時期にセールが開催されますので、節約を考えた場合、セール時期まで待てるものは購入をしないでまっておくということも考えられますね。*3

この時期は値段が下がったりしてお得に購入できることが多いので、当面買う必要はないけれど、安くなったら買っておきたいものや買い替えたいものがある場合、セールの期間を利用するとお得です。(買いたいものがない場合は、買う必要はないです)

 

買いたいものがある場合は、Amazonの会員になるとあらかじめ「ほしい物リスト」を作成しておくことができますので、普段からリスト化しておけばスムーズに商品を確認することができます😀

また、セール期間中はAmazon KindleなどのAmazonのオリジナル商品は特に安くなる傾向があります。Amazon製品を買うなら上記セール期間中に買った方が良いと思います。

 

\ 直近のセール情報 /

simplelifenavigation.com

 

さらに、上記の大型セール以外に毎月「タイムセール」として期間限定で特定の商品が安くなるセールがあります。

 

これからもAmazon(まとめ)

通販を利用

通販とサブスクの組み合わせでAmazonがオススメ

わたしの場合、ネット通販は主にAmazonと楽天を使っていますが、上に書いた理由などからAmazonで購入する比率の方が高いです。

ドラッグストアで買えるものは地元のドラッグストアの方が安いのでそちらで買いますが、紙の本、電子書籍に加え、日用品、飲料(重い大容量ペットボトル飲料のまとめ買いなど)などでも利用することがあります。

 

Amazonのサービスは、スマホやネット環境がこんなに普及しなければ実現しなかったでしょうし、物流や配送網についてもいろんな規制と戦って今の便利なサービスを使うことができるようになっているのだと思います🧐

 

創業者の顧客目線の「顧客中心主義」「顧客体験重視」がブレていたらこんなにも利用者が増え、成長していなかったのではないかとも思いますので、経営者の方には頭の下がる思いですが*4これからも顧客目線の良いサービスを提供していってもらいたいです。

 

ここまでみてきたとおり、Amazonプライムはコスパのいい、優れたサービスだと思います。 

これからも顧客体験重視のサービスが続く限り、わたしもありがたくAmazon愛用者として利用させていただく予定です。

便利な世の中ですよね。せっかくですので徹底的に活用しましょう!

まだアマゾンプライムを利用したことのない方は一度無料体験してみてください。魅力あるサービスだと思いますよ。

 

Amazonプライムの利用はこちらから
Amazonプライム

出所:Amazon.co.jp

  

最後までお読みいただき
ありがとうございました😊🌿

*1:災害などへの一定の備えは必要です。

*2:アマゾンの本社はアメリカのワシントン州のシアトルにあります。電子商取引だけでなく、サーバー運営や人工知能などでも有名です。

*3:セール対象にならない場合もあるので、その場合は仕方ないですね。

*4:もちろん、見方によってはいいことばかりではないと思います。