Simple Life Navi

ミニマルな日常の気づき、楽しい体験などを掲載

ふるさと納税しましたか? 人気ランキングは ココ をタップ(クリック)

Site Map

Blog

Mobile

Useful

☕ 新着情報 ☕️️

iPhone フル充電80%で音声・アラーム通知が便利|バッテリー寿命と過充電

iPhoneの電池長持ち、充電80%で音声アラーム通知

こんにちは、シンプルライフ ナビです。

スマホ(iPhone)のバッテリー(電池)を長持ちさせる方法、ご存知ですか?

iPhoneのバッテリーは消耗品なので、経年劣化が進み、寿命が短くなっていきます。

iPhoneでは「最適化されたバッテリー充電」機能があり、80%まで充電したら、その後の充電速度を遅らせます。フル充電されたままの時間を極力少なくして、バッテリーの劣化を防ぐためです。

 

つまり、バッテリーが100%のまま充電(過充電)し続けると、バッテリーの劣化を早め、寿命を縮めてしまうことがあるのです。

 

バッテリーを長持ちさせるのに、自分でできることはないのかな?

気になりますね。

 

充電が80%を超えたとき、音声やアラーム通知でお知らせしてくれれば、便利だよね!実はそんな方法があるのです!

iPhoneでちょこっと設定してあげると、充電量が80%を超えると、通知してくれるようにすることができます。

画面通知だけだと気がつかないので、過充電防止のために、音声やアラームが鳴るように設定します。

 

設定も、解除も簡単なので、iPhoneを充電しっぱなしにして、バッテリーの劣化を早めることを防ぐために、あなたも設定してみませんか?

それでは詳しく設定方法を解説します。

過充電を防ぐ、充電80%になったら音声やアラームで知らせてくれる設定

過充電にならないよう、音声アラームを設定

過充電にならないよう、音声アラームを設定

過充電を防ぐために、充電80%になったら音声やアラームで知らせてくれる仕組みをiPhoneに設定していきます。

 

この記事では、充電85%超(86%)になったら、アラームとお知らせメッセージで知らせてくれる設定を行います。

iPhoneに最初から設定されている、「ショートカット」アプリを利用します。

ショートカットアプリをタップして起動

まず、ショートカットアプリを起動します。

ショートカットアプリ

見つからない時は、Siriの検索画面などで「ショートカット」と入力して検索してください。

ショートカットアプリで「オートメーション」を登録

ショートカットアプリが起動したら、下に表示されている、ショートカット、オートメーション、ギャラリーのうち、「オートメーション」をタップしてください。

 

左下のような「オートメーション」の画面が表示されましたか?

新しいショートカット
個人用のオートメーション追加
右上の「+」をタップして、新しいオートメーションを追加

左上の「オートメーション」画面イメージが表示されたら、右上の「+」をクリックしてください。

 

続いて表示される「新規オートメーション」では「個人用オートメーションを作成」を選んでください。

バッテリー残量に応じてアクションを設定する

新規オートメーションの中から、「バッテリー残量」を選択してタップしてください。

 

バッテリー残量を選ぶ
バッテリー残量を設定
バッテリー残量を85%より上で設定

ここで設定したバッテリー残量を超えた時に、後から設定する音声などが鳴るようになります。

 

5%刻みで設定できるので、80%以上の任意の数字で設定してください。(この記事では85%に設定)

設定したら、右上の「次へ」をタップして、次の設定に進みます。

充電80%を超えた時のアクション(アラーム通知)を追加

設定したバッテリー容量に達した時に実行されるアクション(行動)を設定します。

アクションを追加して、検索画面に「タイマー」と入力して検索してください。

 

アクションを追加
タイマーを追加
アクションにタイマーを追加

「タイマーを開始」が表示されますね。

 

タイマーを開始をタップすると、次の設定画面に移ります。

タイマー時間(充電80%アラーム通知)を設定する

それでは、タイマー時間を設定していきます。目標の充電量に達すると、タイマーが起動し、タイマー終了時にアラームが鳴るようになります。*1

タイマーを「5秒」に設定し、次へをタップしてください。

 

タイマー時間を設定
自動実行を設定
タイマー時間を5秒、自動実行を設定

「実行の前に尋ねる」が緑色(オン)になっている場合は、タップしてオフにしてください。オフにしておかないと自動実行されません。

 

オフにすると、実行の前に尋ねるかどうかの確認画面が表示されます。

「尋ねない」を選択してください。

実行の前に尋ねないを選択
実行前の通知もオフ
自動実行を設定する(実行前に尋ねるなどをオフ)

 

必ず、「実行の前に尋ねる」、「実行前に通知」がオフになっていることを確認してください。

確認したら、右上の「完了」をタップして最低限の設定は完了です。

バッテリー残量80%で音声の通知がされるように設定

続けて、バッテリー残量80%で音声の通知がされるように設定しましょう。

ショートカットアプリの「オートメーション」画面を表示してください。

先ほど設定した、「バッテリー容量が85%を超えたとき」があるので、それをタップします。

 

バッテリー残量による自動実行
バッテリー残量80%でアクション
オートメーションを編集する

そして、次の画面(右上の画面)で、「バッテリー容量が85%を超えたとき」をタップしてください。

 

アクションに「5秒のタイマーを開始」があります。

さらに、音声メッセージの読み上げを追加するために、検索欄に「読み上げ」と入力して検索結果を表示します。

 

読み上げを検索
テキストを読み上げ、を選ぶ
アクションに音声読み上げを追加する

すると、「テキストを読み上げる」がありますので、タップ(選択)しましょう。

過充電を防ぐ、音声メッセージの設定

過充電を防ぐ、音声メッセージの設定をすすめていきます。

テキストを読み上げるをタップ(選択)して出てきた画面(左下のイメージ)で、テキスト文字のところに、読み上げるメッセージを設定し、右下に表示されている「完了」をタップしてください。

この記事の例ではテキスト文の入力欄に「充電できたよ!」と入力し、「完了」しています。

 

読み上げテキストの設定
声質、再生スピードの設定
読み上げる内容の設定

なお、読み上げの再生スピードや、声質を変更することもできます。日本語の音声はO-renがおすすめです。

 

画面の右下に、右向き三角マーク(再生ボタン)が表示され、設定内容をテスト実行できるので、タップして、タイマーのアラームや、読み上げ音声の内容を確認しておきましょう。

 

設定したら、一度は動作をテストして確認しておきましょう。

 

設定したオートメーションの切り替えは、「オートメーションを編集」の画面で、簡単に有効にしたり、無効にすることができます。

まとめ|iPhone 充電80%で通知|過充電防止でバッテリー寿命を延ばす

iPhoneのバッテリー寿命を延ばす設定

iPhoneのバッテリー寿命を延ばす

手順通りにすれば、充電量に応じて、音声やアラームを鳴らす設定、簡単に設定できたでしょ?

100%のフル充電で放置してバッテリーの劣化が早まってしまうのは避けたいです。

 

少しでもバッテリーの劣化を遅くするために、電源にスマホをつなげっぱなしで放っておくことがないよう、一定容量まで充電されたら、音声やアラームで通知される仕組みをご紹介しました。

充電80%の時や、85%や90%でも設定できます。

 

バッテリー充電80%での音声アラーム通知、設定しておくと便利ですよ!
お試しください!*2

 

モバイルバッテリーが気になるなら…

amazonでスマホのバッテリーを探す

*1:タイマー終了時のアラーム音は、iPhone標準の時計アプリの中の「タイマー」で設定できます。抑えめのタイマー音にするなら、「ヒルサイド」か「信号」がおすすめ。

*2:この設定は、iPhoneの充電しっぱなしを防げるので超便利です!