Simple Life Navi

ミニマルな日常の気づき、楽しい体験などを掲載

ふるさと納税しましたか? 人気ランキングは ココ をタップ(クリック)

Site Map

Blog

Mobile

Useful

☕ 新着情報 ☕️️

povo2.0の自動解約を防ぐ|利用停止予告の通知と契約解除|180日間トッピング未購入

povo2.0 自動解約を防ぐ

みなさんこんにちは!

スマホ(携帯電話)のサブ回線として基本料0円のpovo2.0を契約している人が増えています。*1

私も楽天モバイルと組み合わせてサブ回線として契約しています。*2

 

ところで、povo2.0は長期間(180日以上)トッピング未購入で有料課金をしなかった場合、自動解約になる可能性があるとされています。

自動解約になる前に、事前通知などはくるのでしょうか?
利用停止予告の有無や、案内が来るならいつ頃、どんな内容が来るのか気になりますね。

 

結論としては、自動解約前にSMSとメールで、利用停止予告の案内が届きます。

それでは、詳しい内容などを確認しつつ、povoでできることもおさらいしてみましょう。

povo2.0はどんなサービス? 特徴を確認しよう

povo2.0の特徴について、簡単におさらいしましょう。

povo2.0の特徴
  • povo2.0は、基本料無料(0円)で利用できます。
  • 必要に応じて「トッピング」と言われる有料課金をして、フレキシブルな使い方ができます。

 

トッピングの主な種類には次のものがあります。

項目 料金(税込)
データ使い放題
(24時間)
330円/回
データ追加1GB
(7日間)
390円/回
データ追加3GB
(30日間)
990円/回
データ追加20GB
(30日間)
2,700円/回
データ追加60GB
(90日間)
6,490円/回
データ追加150GB
(180日間)
12,980円/回
DAZN使い放題パック
(7日間)
760円/回
smash.使い放題パック
(24時間)
220円/回
5分以内かけ放題

550円/月
通話かけ放題

1,650円/月

 

動画を一日中見たい日には「データ使い放題(24時間)」を使ったり、毎月のデータ量が3GBくらいで良い人は「データ追加3GB(30日間)」を利用したり、かけ放題用の通話専用電話を持ちたい場合は「通話かけ放題」をトッピングして利用できます。

サービスを選択して、組み合わせることができるのが特徴ですね。

povo2.0は基本料0円だけど、長期間トッピング未購入で有料課金しないと自動解約される?

povo2.0は、使わないときは基本料0円で維持できます。

また、速度は遅いですが、128kbpsデータ通信も使えます。

 

電波状況が安定している地域では、最初のデータ読み込みに時間がかかりますが、一旦再生が始まると音楽のストリーミングサービスやラジコなどを流しっぱなしにすることも可能です。

 

ただし、180日以上、有料トッピングを利用しなかった場合、契約解除されることになっています。

この点に注意が必要ですね。

自動解約前の事前通知の有無とその内容

povoは長期間有料課金をしなかった場合(180日間以上トッピング未購入の場合)、契約解除(自動解約)されることになっています。

事前に予告や通知があるのか気になる方もいるでしょう。

 

私の場合、長期間有料トッピングをしなかったとき、SMS(ショートメッセージ)と、登録しているメールアドレスの両方に、事前通知が来ました。

SMSには「利用停止に関するお知らせ」が、メールには「長期間トッピング未購入による利用停止予告」が届きました。

 

povo2.0の有料課金長期未利用時の案内

 

事前通知が来るので、うっかり期日を見逃して、自動解約されてしまう、ということは防げそうです。

 

私の場合、トッピングを利用しない状態からちょうど180日ではなく、さらに2週間以上経ってから通知が来ました。通知が来てからも契約解除まで1ヶ月以上あります。

つまり、通知が来てからトッピングすれば、契約解除されずに済みます。

これなら安心してpovo2.0を利用できますね。

まとめ|povo2.0をサブ回線で持っておくと安心。自動解約も防げる

2022年5月13日に、楽天モバイルの0円終了が発表されました。

楽天モバイル 1ギガバイト以下の“料金無料” 取りやめへ | NHK 

 

急な0円廃止発表に驚きましたが、楽天モバイルをサブ回線としていた人は、基本料0円のpovo2.0への移行を考える人もいると思います。

その際、180日使わないと自動解約されてしまう点が気になっている人もいるでしょう。

 

でも、povo2.0は自動解約前に、SMSとメールで利用停止予告の事前案内が来ます。

必要な時にトッピングして使い、また180日以上使わなかった時でも、使っていないことを知らせてくれる仕組みがあるので、自動解約されることは防げそうです。

安心して使えますね。


【DL版】povo2.0 エントリーコード/3GB(30日間)/ eSIM対応 / SIMカード対応/au回線対応 【iPhone/Android対応】|オンラインコード版 povo

 まとめ
災害や、万一の電波障害の際に、携帯会社は複数と契約しておくと安心できます。でも「追加コストはかけたくない」ですよね。
それなら、サブ回線として基本料0円から使えるpovo2.0を契約しておくのは、悪くない選択だと思います。契約解除になりそうなときは事前に案内が来るので安心です。

*1:2022年5月には利用者が120万人超えと発表されています

*2:この記事の内容は2022年5月現在のものです