Simple Life Navi

日常のちょっとした気づき、体験などを掲載します

- トップもご覧ください - 検索画面では「シンプルライフナビ」と検索ください -

Blog

Mobile

Gadget

Travel

⛄️🎄  Articles  🎄⛄️

手帳会議|ほぼ日?ジブン手帳?日記の使い方や書き方|続かない人にもおすすめ

手帳

そろそろ来年の手帳や日記帳を買う季節になった
ほぼ日手帳やジブン手帳などが文具店の店頭に並んでいる。

手帳や日記に自分の思いを書く行為は感情をコントロールしたり、自分を客観視するのに役に立つのだろうか。

私は役に立つと思う。だから書くことを続けてみよう

スポンサーリンク

日記の使い方。日記を書くということ

日記を書く

日記を書くことは、自分の考えを明らかにしたり、自分の現在の考えをまとめたりすることにつながる。

日記に書くことに制約はない。
悩みだったり、将来の夢でもいい。

これからしようとすることの計画だったり、構想だったりするかもしれない。

また、文字だけではなく、図を書いたりすることもある。

自分の思いを書くということは、心の安定にもつながるような気がする。

文章を書くことで自分を観察する

文章を書き続けることを習慣にするとどうなるのか。

文章を書くことで、頭の整理をして、そして心を整えることができる。
だから普段、感情を口にすることが少ないほど、文章や絵にして書き出すことは自分を客観的に観察することの役に立つと思う。

つまり自分の日記を見ることで、自分の日常を観察し、振り返り、自己管理に役立てることができる可能性が高くなる。

また、自分で立てた構想のPDCAなども確認できる。

  • 何を、どうするのか?
  • どんな計画で進めていくのか?
  • 今その状況はどうなっているのか?

どんなことでも自由に書くことができる。
書くことを習慣化できたらいいのだけれど。

日記や手帳で変化を確認し、反省することもできる

あまりにも現在進行形のことで目標や仕掛かり中のことが多すぎるなら、自分ができる範囲の容量を超えてしまい、溢れてしまうこともあるだろう。

日記に書いておけば、それが多すぎたことを確認し、反省し、繰り返さないようにすることに気がつくこともできるだろう。

感情も記録しておくと、自分の意思がゆらいだときはそれがわかるかもしれない。
だから日記を見返すことは、強い意思の形成や自己管理につながるかもしれない。

日記を書くときに気をつけること

f:id:simplelifenavigation:20210925130002j:plain

日記には決まった形式もないし、内容に制約もない。

今日何をしたかを書くのでもいいし、明日何をするのかを書いてもいい。

書くときの注意は、自己分析を目的にしないことだろう。
日記は後で見返して振り返ることができるけれど、書く目的を履き違えてはいけない。

テレワークや在宅勤務増時代の手帳会議

毎日続けられれば良いが、毎日書かなくても良い。
日記には、自由に、素直に、飾らずに、その時に思ったことを書きたい。

さて、コロナ禍後、在宅勤務やテレワークが増えた方も多いと思う。手帳の選び方も変わるかも。

毎日新しい情報が書いてある手帳は面白そうだ。
来年の手帳や日記帳はどれにしようかな。

1日1ページは書きたい人向け

週に1回以上書いて、常に持ち運びしたい人向け(白色は廃盤)