Simple Life Navi

ミニマルな日常の気づき、楽しい体験などを掲載

- トップもご覧ください - 検索サイトでは「シンプルライフナビ」と検索ください -

Site Map

Blog

Mobile

Useful

☕ New Articles ☕️️

感動の映画を見て泣いた|くちびるに歌を〜15歳だったすべての人へ〜新垣結衣主演|生涯忘れない最高の歌

くちびるに歌を

くちびるに歌を ©2015『くちびるに歌を』製作委員会 ©2011 中田永一/小学館

こんにちは。シンプルライフナビです。

私のおすすめ映画「くちびるに歌を」のご紹介です。
名作です。泣けます。

アンジェラ・アキの歌と映画の映像がとてもあっていて、本当に素晴らしい映画です!

 

ご覧になったことがない方は、ぜひ映画をご覧になってください。

感動の名作|何度見ても泣けてくる映画「くちびるに歌を」が超おすすめ!

べたな演出も多いですが、正統派というか、嫌なものはなく、青春群像と五島列島の大自然をイメージさせる景観や景色の映像が美しいです。

登場人物の成長していく様子や心の動きがわかりやすく描かれていて、何度見ても飽きないですし、見るたびに泣けてくる、そんな映画です。

 

www.youtube.com

映画のストーリーなど

“15歳”だったすべての人へ― 生涯忘れない、
大っ嫌いなあなたたちが教えてくれたこと

長崎県の五島列島へ、代理の音楽教師のとして数年ぶりに故郷に戻った柏木ユリ。嫌々合唱部の顧問になった柏木は、明るくふるまう15歳の生徒たちが、実は誰にも言えない悩みを抱え、みんながひとつになる合唱に救いを求めていたことを知る。そして、自らの悲しい過去から弾けなくなっていたピアノにも生徒たちにも向き合うようになっていく。しかし、待ちに待ったコンクール当日、ある事件が起こり…柏木と中五島中学合唱部による、最初で最後のステージの幕が上がる。

引用元: くちびるに歌を | アスミック・エース

 

長崎の島に臨時の音楽教師として赴任してきた柏木先生(主人公:新垣結衣)。

主人公を呼び寄せた同窓の同級生のハルコ。ハルコは合唱部の顧問も柏木に任せる。

そして面倒を任された合唱部はいままで女子部員しかいなかったのだけれど、柏木先生が来たことで男子部員が加入。男子と女子のすれ違いや意見の違いも出てくるが…

 

そんななか、自閉症の兄をもつサトルが入部する。しかし、兄の世話との両立には葛藤が…

 

「本当にそれでいいの?」

「キミが(自分で)決めたの?」

 

「ごめんね」

「そういう時は「ありがとう」っていうとよ」

   

部員の家庭事情やその背景、人間関係、思いやりや優しさといったこともあり…喧嘩もあり…

やがてだんだん合唱に熱が入ってくる。

コンクールに出るための壁を超えられるのかどうか…

 

そして「15年後の自分」へ宛てた手紙を書くという課題。

 

「ねえ、なんでそんなに合唱頑張るの?」

「ただ「好き」ってだけじゃだめとですか?」

 

柏木自身も過去の事件がもとで心を閉ざしていた。

生徒が壁を乗り越えていくと同時に、柏木自身も壁を壊して前に進んでいく…

 

「先生、ピアノ弾いてください」

 

 ・・・・・

 

「先生は生きてる意味って考えたことありますか?

 

続きはぜひ映画で観てください。

監督、キャストなど 新垣結衣主演

監督:三木孝浩
原作:中田永一『くちびるに歌を』
主題歌:アンジェラ・アキ「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」(EPICレコードジャパン)


教師

柏木ユリ:新垣結衣(主演)

松山ハルコ:木村文乃

 

主な合唱部員(女)

仲村ナズナ、長谷川コトミ、関谷チナツ、辻エリ

 

主な合唱部員(男)

桑原サトル、向井ケイスケ、三田村リク

「くちびるに歌を」を見る方法|動画配信サービスが便利

Amazon Prime Videoなどの動画のサブスクサービスで視聴できます。

動画配信サービス

映画サブスクなど利用の場合はこちらから

simplelifenavigation.com

忘れられない感動の歌「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」

映画の主題歌「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」はアンジェラ・アキのOfficial YouTubeに複数のバージョンが投稿されています。こちらもお勧めです。 

 

www.youtube.com

自分の中学や高校を思い返す|15歳だったすべての人に見て欲しい映画「くちびるに歌を」

いかがでしたでしょうか?

音楽、映像、ストーリーとも素晴らしいです。

この記事を作りながら映画をもう一度見てしまいました。何度見ても心の奥が熱くなるいい映画です。

 

映画の主題歌のアンジェラ・アキ「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」は名曲です。

この曲から生まれたベストセラー小説を原作として生まれた映画「くちびるに歌を」(2時間11分)、ぜひご覧になってみてください。若かった頃のまっすぐな気持ちを思い出します。 

 

15歳には戻れないけれど…

15年後の自分はどうしてるかな…

 

 

最後までご覧いただき
ありがとうございました🤠📽